【アメリカ 】ファーストフードおよびレストラン(地域限定店舗あり) ☆3段階判定付き

スポンサーリンク
アメリカ生活
アメリカには、マクドナルドをはじめ、バーガーキング、Wendy’s、Taco Bellなど日本でもおなじみのファーストフードもありますが、他にもまだまだたくさんのファーストフード店などがあります。種類もハンバーガーだけでなく、メキシカンもあり、そして東部限定、西部限定など、地区限定で見られることも多いです。
旅行中に行ったお店もあり、とても美味しかったお店もあるのでまとめてみました!
また、行ったお店のおすすめ度を☆3段階で表示!(私の判断基準で3段階表示しています。ご理解ください)メモ用に行ってないお店も店名だけ載せています。
スポンサーリンク

Southeast

Captain D’  :☆☆☆

1969年テネシー州に「Mr. D’s Seafood and Hamburgers」としてお店をオープンしました。1974年に店名をCaptain D’に改め、魚とエビを使ったメニューに絞り提供すようになりました。

お魚のロゴと色使いがとてもさわやかに感じます。店内の椅子もこのカラーリングじゃなかったかな。

 

メニュー①:LOBSTER ROLLS


New Englandスタイルの甘めのパンにロブスター(かにかま含む)をサンドしたものです。ロブスターの割合は少ないかもしれませんが、とっても美味しかったです。こってりしたものは嫌という人にお勧め!小さめのロールが2個セットで提供されています。($3.98:値段は地域差あり)

 

メニュー②:GIANT FISH SANDWICH(スケトウダラ使用)


サクサクの揚げたてのフィッシュフライをサンドしたハンバーガーです。付属でもらえるタルタルソースをつけて食べると、より一層美味しいです。あまり見かけない魚のバーガー。サクサクの揚げたてフライに感動して食べましたが、カロリーは半端なく高いです!ハンバーガー1010カロリー/個(うひょー!!)

($3.99:値段は地域差あり)

メニュー③:SOUTHERN-STYLE WHITE FISH(白身魚使用)


大きなフライとhush puppies(2つ)付いています。hush puppiesはアメリカ南部料理の1つで、コーンミールベースのバッター液(フライの衣)を油で揚げたものです。シーフードを提供するお店で提供されるメニューのようです。
サイドは2種類選べます。コールスローとフレンチフライを選びましたが。他にビーンズやブロッコリーがあると思います。

($5.99:値段は地域差あり)

Chick-Fil-A  :☆☆

1967年チックフィレをオープン。(前身となるDwarf Grillは1946年にオープン)
チキンサンドウィッチを提供するお店です。ここの特徴は、日曜日が定休日なこと。これはキリスト教に基づくもので、安息日とされる日曜日を休日にしているようです。
レストラン一号店であるHapeville Dwarf Houseは461 North Central Avenue Hapeville, GA 30354にあります。
ジョージアに住むアメリカ人はチックフィレが大好きなイメージです。近所のチックフィレはお昼前後になると何台も車が並び始めます。チックフィレソースがお店で買えるようになった時は、結構話題になりました。
フレンチフライがワッフルタイプなのも珍しいです。
チップスは袋に入ったものも売られています。(下の写真はケータリングで購入したセットに入っていたハンガーガー以外のもの)少し塩気が強いです。
このチョコクッキー、かなりボリュームがあります。チョコがゴロゴロ。持つとずっしり重い。美味しいんだけど、カロリー高いだろうな…
ハンガーガーはというと、通常のハンバーガー(メニューではsandwichと記載)のチキンは、揚げているフライタイプと、グリルドタイプがあります。

最初に食べたときは揚げているタイプの「Chick-fil-A® Chicken Sandwich」を食べました。

結構しっかり味が付いていてるので、子供に食べさせるのにためらってしまいます。ピクルス2枚以外に、野菜は一切なし。付属のチックフィレソースをかけて食べるそうですが、これ以上に味を濃くするのか!と驚いてしまいます。後で気が付きましたが、トマト・レタス入りがいい場合は「Chick-fil-A® Deluxe Sandwich 」を注文してください。チーズはあり・なし選べて、チーズもアメリカン、コルビージャック、ペッパージャックの3種類から選べます。

しっとりしたチキンで美味しいのですが、味が濃すぎることもあり足が遠のきそうだな…と思っていました。

が、2回目に食べる機会を得たので、今度はグリルドタイプの「Grilled Chicken Sandwich」を食べることにしました。

こちらは通常タイプでレタス・トマト入りです。パンズがChick-fil-A® Chicken Sandwichとは異なるようです。パサパサしてないか心配でしたが、とてもしっとりしていて美味しい!そしてチックフィレソースをかけると更に美味しい!

私はグリルドタイプをお勧めします。(チックフィレチキンサンドウィッチだと☆1.5になるかも)

ポテトはカリカリタイプが好きな人向けではありませんが、分厚く食べ応えがあります。これもチックフィレソースをつけて食べるのがおすすめの食べ方のようです。

THE VARSITY

1928年創業
ジョージア州のみ。ホットドッグ、ハンバーガ、サンドイッチ、オニオンリングなどを提供してます。
最大のヒット商品はバニラアイスクリームとVarsityオレンジソーダで作られたミルクシェイクです。

Carey Hilliard’s Restaurant :☆

ジョージア州のサバンナだけに展開しているレストランです。(サバンナに6店舗)
ハンバーガーなどのアメリカンメニューもありますが、シーフードメニューが豊富なレストランです。
注文したのはシーフードをフライにしたセットメニュー「captain’s_platter」です。

①エビ(フライ) ②牡蠣 ③カニグラタン風 ④焼きえび ⑤フィッシュフライ ⑥すり身を揚げたもの? ⑦ホタテ

一番美味しかったのはホタテです。焼きえびも美味しかったけど。

フィッシュフライは三種類の魚:Tilapia、Catfish、Flounder(だったと思います)から選べます。Flounderにしましたが、これが美味しくなかった。べちゃっ、ねちゃっとした感じで…。他の魚にすればよかった…、と後悔しました。

Flounderという意味を知らなかったのですが、これは平らな魚ということで意味的にはヒラメ・カレイのどちらにもあてはまる英語のようです。アメリカやイギリスの人たちは2つを区別しないようですが、シタビラメはsoleなど細かくいうもののあるようです。結局どっちかわかりませんが、お勧めしません。

注意点:このお店はアルコールのメニューがありません!

全体的には衣が分厚く、アメリカの揚げ物といった感じで、「普通」というのが正直な感想です。

 Waffle House

1955年創業
ジョージア州だけでも289店舗(2021年5月現在)のお店があります。ジョージア州をメインに、アリゾナ州・ニューメキシコ州くらいから東側にあります。北部やカリフォルニア州にはないようです。
ワッフルをはじめとした朝食メニューが豊富で、ハンバーガー・サンドウィッチもあります。
24時間営業のお店のイメージですが、一部例外があるかもしれません。

Biscuitville

1966年創業。ノースカロライナ州に店舗があります。
ビスケットサンドウィッチを提供するお店です。サイドメニューにはグリッツやオートミールもあります。
HPにはグッズも掲載されており、Tシャツはもちろん、キャップやサングラス、トートバック、靴下などもあります。クリスマスのオーナメントは可愛いな。

Bojangles  :☆

1977年創業。アメリカ東部にあるハンバーガーチェーン。アーカンソー州、ミズーリ州までに店舗を設けています。(ノースカロライナ州が最も店舗数が多く、サウスカロライナ州、ジョージア州と続く。)

 

ビスケット生地のパンズにチキンを挟んだものが有名。(普通のパンタイプもあります。)少し辛めのチキンです。

ビスケットが好きではない人は好まないと思いますが、私はビスケット好きな派なので結構好きです。でも私はこの時半分食べましたが、それでも少し辛いのと、一つ食べるのは少しきつそうに感じました。

一回食べたし、自分で好んでいくことはなさそうです。

オリジナルグッズが豊富で、オリジナルシーズニング($5.99) 、Tシャツ($18.95)やパーカー($38.95)、ブランケット($69.95)や、ビスケットを上から見た柄の枕($29.95)まで売ってます。
ネットで購入できそうです。

Cook Out  :☆☆

1989年創業
シェイクの種類が豊富で、およそ40種類もあります。
ノースカロライナ州とバージニア州、ジョージア州、テネシー州にも店舗があるファーストフードレストラン。
Huge Burgerはパテが2枚のボリューム満点のバーガーです。玉ねぎがシャキシャキしていてソースも美味しいです!

子供はコーンドッグ、ホットドッグを頼みました。

メニューは下記写真を参考にしてください。価格は地域によって差があると思いますので、参考程度でお願いします。

Southwest

Whataburger  :☆☆☆

1950年創業。テキサス州に最も店舗が多く693店舗、次にフロリダ36店舗(アラバマ州近くの場所がメイン)、オクラハマ州33店舗、アリゾナ州28店舗、アラバマ州18店舗と続きます。(2021年現在)
やはり一番人気はワッターバーガーだと思います。トマト、レタスも入っていて美味しいです。

写真撮ってな~い(涙)

Jack in The Box

1951年創業。
ハンバーガー店ですがタコス、ご飯の上に照り焼きチキンをのせたボウルもあります。グーグルマップの写真を見ましたが、少しボリュームが少ない!?
次回機会があったら行ってみたいです。

Wienerschnitzel(ウィーナーシュニッツェル)  :☆☆☆

1961年創業(南カリフォルニア発)。アメリカ西部にあるホットドック・ハンバーガーチェーンで、ホットドッグが有名のお店。色んな種類のホットドッグがあります。
カリフォルニア州で最も店舗数が多く、テキサス州、アリゾナ州と続きます。
今回注文した、4種類(Texas BBQ Dog、Double Cheese Chili Dog、 Chili Dog、Mustard Dog)の中で順位をつけると以下になります。

No.1:Texas BBQ Dog

ベーコン、バーベキューソース、焼き玉ねぎ、細切りチェダーチーズをトッピングしたオールビーフドッグ

No.2:Double Cheese Chili Dog

No.3:Chili Dog

No.4:Mustard Dog

写真なし

実はこのランキング、値段順ともいえます。マスタードドッグは$1.79、チリドッグ$1.99、Double Cheese Chili Dog$2.79に対し、テキサスBBQドッグ$3.49と値段は上がりますが、テキサスBBQが一番美味しいかったです。高いものは美味しいということですね。Chili Dogは思ったよりスパイシーでした。あまりホットドッグを食べる機会はないのですが、Texas BBQ Dogは美味しかったし、ホットドッグも美味しいなっと思えるお店です。

お客さんを見ると、アイスクリームを購入する人が多かったです。看板にアイスクリームの絵が描いてあるので、もしかしたら看板商品かもしれません。

tacotote!  :☆☆☆

1960年代創業。
アメリカ(ニューメキシコ州、アリゾナ州、テキサス州)とメキシコに店舗があります。
毎日一から作る6種類のサルサは無料で追加してもらえます。サルサはとても辛いのがあるので注意です!
Platterはトルティーヤと選べるお肉がセットになってます。四人前と二人前と選べたと思います。(一人二枚想定)
トルティーヤはコーンと小麦粉が選べます。サイドが選べます。for4(四人前)にしたのでサイドが四つ選べたのだと思います。ポテトとライス、Charro Beansを選びました。
デザートにflanを食べましたが、美味しかったです。硬めのプリンって感じで、素朴な感じです。
店舗によるかもしれませんが、オープンなキッチンになっているので、トルティーヤを温めてくれるところなど、近くで見ることができます。
Platter(四人前)$26.48とファーストフードだと考えると、少し値段は高い気もしますが、レストランで食べるよりも安いし、しかも美味しかったので大満足です。

Wingstop

1994年創業。テキサス州

Texadelphia

1981年創業。テキサス州((11店舗)とオクラホマ州(1店舗)のみ。
8インチのパンを使ったサンドイッチが有名。全ての注文にトルティーヤチップスとサルサが付いてきます。
行きたかったのですが、行く機会を逃してしまいました。次があれば行ってみたいと思うお店です。

Filiberto’s  :☆☆☆

1993年創業
メキシカンフードのお店で、アリゾナ州を中心に、ニューメキシコ州、サウスカリフォルニア州に店舗があります。
Rolled Tacos($5.99)[写真右上]、Chimichanga Plate($10.88)[写真右下]、Adobada Plate($9.85)[写真左下]を注文しました。
Chimichanga Plateはブリトーを揚げたようなものでおいしいく、かなり食べ応えがあります。主人はこれが一番好きだと言ってました。子供はライスと豆が好きでした。
Adobada Plateは大きいトルティーヤが一枚ついてます。お肉などを巻いて食べると美味しいです。
plateにはドリンクが付いています。料金を$1.5ほど追加すれば、オルチャタ(メキシコのお米で作った甘いドリンク)も選べます。Pina(ピニャ・コラーダ)、jamaicaもありました。(名前で検索するとカクテルのようですが、ここにあったのはジュースなのかな?)
メキシカン大好きな我が家には大好評のお店でした。

メニューの写真です。でもあと一つ写真を取り忘れました。

 

In-N-Out Burger(本社:カリフォルニア)  :☆☆☆

1948年創業
アメリカ南西部、中部に多いハンバーガー店。2021年現在、アリゾナ州、カリフォルニア州、コロラド州、ネバダ州、オレゴン州、テキサス州、ユタ州に店舗があります。
メニューがシンプルなのが特徴。ハンバーガーは3種類です。
 •ハンバーガー(ビーフパティ、フレッシュレタス、トマト、タマネギ、スプレッド)
 •チーズバーガー(ハンバーガーと同じですが、チーズが追加されています)
 •ダブルダブル(チーズバーガーと同じですが、パティとチーズが2枚ずつです。)
 •フライドポテト
 •ドリンク(コカコーラ、DR.PEPPER、ROOT BEERなど)
 •シェイク(チョコレート、バニラ、ストロベリー)

豊富な裏メニュー

メニューが少ないのが特徴ですが、裏メニューが存在します。
ポテト編

Animal裏メニュー①: Style Fries

ポテトにチーズと焼き玉ねぎがのっていて、とても美味しいです!これはオススメ!
Animal Style Burgersもあるようです。

裏メニュー②:Lemon-Pepper Fries

これは自分ですることができるトッピングですが、レモンを絞りコショウをふります。(もしかしたら、レモンは注文しないといけないかもしれません)
 バーガー編

裏メニュー③:The 3×3、The 4×4

パティとチーズが3枚ずつ、4枚ずつになったもの。
昔は何枚でも追加できたようですが、パティとチーズ100枚ずつのバーガーを注文した人がいたようで、MAX4枚ずつに変わってようです。

裏メニュー④:Protein Style Burger

パンがレタスになったもの。
モスバーガーにもそういったメニューがあったような…。アメリカでそういった頼み方をする人がいるのか知りたいです。

裏メニュー⑤:Grilled Onions

通常バーガーには生の玉ねぎが入っていますが、Animal Style Friesに使われているグリル玉ねぎをバーガーに入れることも可能!

裏メニュー⑥:Medium Rare

通常はしっかり焼かれたパティですが、ミディアムレアにすることも可能。しかし法律でしっかり焼くことが義務付けられている州(ネバダ州)は非対応。
シェイク

裏メニュー⑦:Neapolitan

バニラ、チョコレート、ストロベリー全てのフレーバーを一つのカップで楽しめます。
私が試したのは、Animal Style Friesだけですが、様々な裏メニューがあって驚きです。
毎年Tシャツが販売されており、年によって柄が異なります!
レジで言うと、Tシャツを出してくれるので購入することができます。

コーヒーショップ

Roadrunner Coffee Co  :☆☆☆

アリゾナのツーソンにあるコーヒーショップです。ショップ名のロードランナーは、北アメリカ南部に生息し、体長50~60cmほどですが時速40㎞で走る時もあり、「爆走鳥」とも呼ばれています。

アイスコーヒーを買いましたが、とても美味しかったです。店内もおしゃれで、オリジナルグッズも取り扱っています。Hydro Flaskに、店名のロゴが入ったものなどもあります。

ドリンクだけでなく、サンドウィッチなどの朝食・ランチメニューもあります。詳しくは、Roadrunner Coffee CoのHPへどうぞ。HPはこちら

Midwest

RUNZA :☆☆☆

 

1949年、ネブラスカ州のLincoln(リンカーン)発祥。ネブラスカ州、コロラド州、カンザス州、アイオワ州に店舗があります。

新鮮なサンドウィッチを提供するため、全米展開をしないことにしているようです。ネブラスカ州限定のお店です。

RUNZAのサンドウィッチは、焼きたてのパンに、キャベツ・牛挽き肉・玉ねぎ・スパイスブレンドを炒めたものをサンドしたもので、ピロシキ風です。ありそうでないピロシキ風サンドウィッチ。おすすめです。

ORIGINAL RUNZA® SANDWICH (単品)$4.69

CHEESE RUNZA® SANDWICH (単品)$4.99 もあります。

そしてポテトとオニオンリングがミックスされたFringsはおすすめです。オニオンリングがとても美味しい!しっかりとした味のサクサクした衣がやみつきになること間違いなし!(単品)$2.49

キッズミールのRUNZAは通常の半分のサイズくらいです。(半分より小さくも見えますが)ジュースはアップルジュースや、通常のドリンクも選べます。

サラダを頼んでいる人もいましたが、ボリュームたっぷりで美味しそうでした!

そしてアプリをダウンロードすれば5ドルOFFになるようです。

Good Times Burgers & Frozen Custard :☆☆☆

 

コロラド州に10店舗あります。恐らくどの店舗も店内に飲食スペースはなく、パティオがセッティングされており、外で食べることもできるようになっています。

7amから朝食メニューが始まり、ランチメニューは10:30amスタートです。朝食メニューにはブリトー、ハンバーガーがあります。

ホルモン剤を投与しない牛肉を使ったハンバーガー、抗生物質不使用・ホルモン剤を投与しない鶏を使ったチキンサンドイッチ、天然成分だけで作った濃厚でクリーミーなフローズンカスタードを提供しています。

ハンバーガーはパテがジューシーで、トマトとレタスも入っていて、美味しかったです。(マッシュルーム入りのハンバーガーだとトマトなどの野菜は入っていません)

ポテトは網目上にカットされたNATURAL FRIESと、スパイスで味付けされたWILD FRIESを注文しました。

WILD FRIESはしっかりした味付けでカリカリに揚げられたおり、パクパク食べてしまいました。

キッズミールを頼むと、なんと袋に次回使えるアイスクリーム無料カードが!

私たちは旅先で訪問したので、半信半疑で食べた後にもう一回並んで、子供が店員さんに使えるか聞くと、「もちろん使えるわよ!」と言ってもらい、フローズンカスタードをゲットしました!

メニューはこちら

およそ全米

Dairy Queen Grill & Chill(DQ)  :☆☆(デザートのみの判定)

フードメニューよりもドリンク・シェイクメニューの方が多そうなお店です。
アイスの容器を逆さまにしても落ちない、しっかりしたアイスを売りにしています。
チョコレートチップ入りのアイス(Chocolate chip cookie dough and rich fudge blended with creamy DQ ® soft serve to Blizzard ®)はチョコチップの量が多すぎて、バニラとのバランスがちょうどよくはありません。しんどいかなといった感じです。(でもきっと量を計量して入れてるわけではないだろうから、次頼んだら今回とは違うチョコチップの量になってそうですが…)
でも他にもしんどくなった要因は、もしかしたら 4人(子供含む)でLargeサイズをシェアしたのが原因かもしれません。少なめの量で十分です。カロリーはなんと、1340カロリー!!!
適量を食べれば、もっと美味しいはずです。

Olive garden  :☆☆☆

1982年、フロリダで創業。イタリア系アメリカ料理店です。
私はパスタの種類、ソースを自分で組み合わせることができるものにしました。リガトーニに5種類のチーズのマリナーラソース(トマトソースの一種)にしました。(ソースがこれだったか記憶が曖昧ですが、たぶんこれです)
このパスタがとってもおいしかったんです。しかもサラダとパンが付いていて、おかわりも自由!サラダ好きにはたまりません。(クリーミーマッシュルームは美味しいですが、濃厚ソースなので途中でしんどくなります。)
パスタは結構量が多めだと思います。
そしてキッズミールもボリューム抜群。食欲旺盛の我が息子もかなりお腹いっぱいとなっていました。下の息子はさすがに少し残してました。(食べきったらどうしようかと心配になるくらいの量でした)
私は初めて行ってすごくおいしい印象だったのですが、三回目の来店だという主人曰く、今回はお客が少ない時だったからパスタの茹で具合もちょうどよかったとのこと。前来たときはパスタが茹ですぎで美味しくなかったと言っていました。お昼過ぎは混むので、お昼前の比較的空いている時間帯に行くことをお勧めします。
パスタの茹で加減で評価は分かれそうですが、今回は☆3つ!

感想

自分の住む場所の近くにはないと思うと、なんか言ってみたくなる限定レストラン。けっこうどれもアタリなお店で、メキシカンは特にまた行きたいと思うお店が多いです。「近くにあるけど行ったことない」、「旅先でお店選びに悩んでいる」、「知っているけど、他の人の感想を聞いてから…」といった方の参考になれば嬉しいです。

新たなお店を開拓するのは面白いので、また機会があったら別のお店に行ってみたいです!(その都度更新する予定です。)

タイトルとURLをコピーしました