ニューオーリンズ コロナ:フェーズ2の様子(2020年10月にフェーズ3に移行)

スポンサーリンク
アメリカ生活

2020年9月下旬、フェーズ2発令中のニューオーリンズに行きました。

観光名所のフレンチクオーター、その中でもバーが立ち並ぶ”バーボンストリート”やアンティーク店が立ち並ぶ”ロイヤルストリート”は1ブロックしか違わないのに、違う雰囲気を感じることができる通りとして有名です。

フェーズ2の今はどうなっているのでしょうか。

 

フェーズ2で許可されていないもの

・バー経営

・遊園地

・音楽・コンサートホール

・フェスティバル

・見本市や展示会

・アーケード(商店街)

・室内のプレイグラウンドとプレイセンター

・室内のライブ会場

・セカンド・ライン(ブラスバンドを伴った伝統的なパレード)

 

通りの様子

通りには可愛い雑貨を売っているお店があります。エプロンやお皿もお店に並んでいます。

建物がカラフルで、ロートアイアン(錬鉄)で装飾を施したバルコニーがとてもいい雰囲気です。バルコニーで食事できるレストランもあります。

 

 

でも閉まってるお店が目立ちます。半分もお店が開いてないように感じます。バーは開店できないので、バーが多いということですかね。

再開が認められていない、フレンチマーケット(French Market)やジャクソンスクエアは閉まったままです。通りを歩いている観光客も多いとはいえません。

通りでの演奏もほとんど行われてないので、バーボンストリート沿いのホテルの部屋に置いてあった耳栓は使用することはありませんでした。(本来なら夜間の音が大きいかもしれないからということで、使う人がいるかもしれません。)

 

飲食店の開店率

レストランは閉まっているお店が多いように思いました。看板や店内も電気が付いているのに閉まっていたり、電話もかかるけど、やってない。ネットでも営業時間が書いてあるのに言ったらやってない、など。

候補に考えていたお店が2店とも閉まっていたので、晩ご飯は別のお店にしました。ニューオーリンズの料理やビールもあり、とっても美味しかったです。

<コロナ対策>

•入店する時には、名前と電話番号を記入します。もしコロナ感染者が出た場合テキストが送られてくるそうです。

•メニュー表はQRコードにアクセスして携帯で見ることができます。

Oceana Grill (ニューオーリンズ) の口コミ13,613件 - トリップアドバイザー
Oceana Grill(ニューオーリンズ)に行くならトリップアドバイザーで口コミ、地図や写真を事前にチェック!Oceana Grillはニューオーリンズで54位(1,842件中)、4.5点の評価を受けています。

 

お客が少ない、カフェデュモンド(Café du Monde)

ベニエで有名な「カフェデュモンド」は、いつもなら長い行列ができているようですが、数組しか並んでいないし、お店の横に併設されてる飲食スペースにも人はまだらです。

 

早速購入。中を開けると、ビックリするほどの粉砂糖。

すごく甘いのかと思ったら、生地はそこまで甘くありませんでした。でも揚げてあるので、少しこってり。お水がコーヒーか、何か飲み物が欲しくなります。

 

<コロナ対策>

ここにはテーブルなどを掃除してくれる人がいて、テーブル、椅子などを消毒してくれていました。

 

ワシントン・アーティルリー・パーク

ジャクソンスクエア前の通りを挟んだ反対にある、ワシントン・アーティルリー・パーク(Washington Artillery Park)から電車を見たり、先にある土手沿いでミシシッピ川を眺めながらのんびりできます。

 

2020年10月1日からフェーズ3.1に移行

10月1日からフェーズ3.1に移行し、段階的にフェーズ3.2、3.3と移行していきます。フェーズ3.1では、公立小学校のPre-Kから4年生までを対象とした対面授業が再開されます。

今の予定では、16日頃フェーズ3.2に、31日頃にフェーズ3.3へ移行する方向のようです。

 

フェーズ3で段階的に許可されるもの

3.1 ・バーでの持ち帰り用の飲み物を販売

(フレンチクォーターでのお酒の販売は午前8時から午後11時まで

・集会の規模の拡大

3.2 ・屋外バーの定員を増やし、時間指定の着席イベントや屋外スポーツの制限を緩和

3.3 ・屋内バーの定員を増やし、屋内と屋外の集まりの規模を増やすことの検討

 

ハリケーン「デルタ」接近

2020年8月下旬にハリケーン「ローラ」が上陸し建物の損傷など大きな被害を受けましたが、10月2週目の週末、「デルタ」の上陸の可能性が出てきました。

ハリケーンに向けた避難準備品として、ニューオーリンズからの発表を見ましたが、最後にユニークなものが書かれていました。

・3日間の保存食(Non-perishable food for 3 days)

・1人あたり3ガロンの水(3 gallons of water per person)

・手動缶切り(Manual can opener)

・懐中電灯と予備のバッテリー(Flashlight & extra batteries)

・マッチ、ライター(Matches or lighter)

・応急処置キット(First Aid Kit)

・1週間分の処方薬(Week’s supply of prescription medications)

・ラジオ(電池式または手動クランク)(Radio (battery operated or hand crank))

・本とゲーム(Books & games)

最後に娯楽品まで書いているところがアメリカっぽく、ステキだなと思いました。必要なものばかりに気を取られて、楽しむためのものを準備することを忘れそうですが、気分を変えるためにもそういうものの準備も必要なのかもしれませんね。でもそれで重くなるなら、もっと重要なものがある!と考えることもわかります。難しい選択です。

 

最後に

私が行ったときは閉まっているお店も多く少し寂しい地区になっていましたが、10月に入り、緩和されることでにぎやかな通りに戻ることを祈ります。

でも引き続き感染リスクを考え、慎重に行動していきたいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました